非生産的座談会

会長、副会長、書記はと麦

予定管理の話

こんにちはこんにちははと麦でございます。お金の件ではたくさんの方に助言していただいてめちゃくちゃ勇気が湧いてきましたどれだけ湧いたかというと歌いながら歩いて喉を潰すほどです。ちょっとよくわかりませんねフィーリングですご理解ご協力お願いします。

お金の話は今日は終わりですもうしません疲れますから。今日は私の予定管理の話をします。たぶんなんの役にも立ちません。ほんとかな? ほんとです。でも私はこんなふうに予定を管理しているよということを書きたいので書きます。ブログだし。好きなこと書くわ。

 

私の予定管理は二つの道具によって成り立っています。スマホのタスク管理アプリと黒い方眼ノートです。

何か予定が入ったらまずスマホに入れます。スマホマジでずっと持ってるのでここは私完璧にクリアできます。時間が決まっていないこと(例えば夕ご飯の買い物をするとか洗濯物をたたむとか)にも、これくらいの時間までにできたらいいな〜という目安をつけてタイマーを設定します。するとどうでしょう、すっかり忘れたころになって、ロック画面にタスクが表示されるようになります。おっとおっとそうだったぜ新しいペンが欲しかったんだ。この時点ですぐに予定をこなせば大抵のことは忘れません。

でもやらないじゃないですか。洗濯物たたみたくないし食器洗いたくないし掃除したくない。それはもう、諦めです。別にやらなくても死なないし、明日の私がちょっと困るだけあっはーざまあみろ! くらいに思っておけば良いです、はい。はなまるですよさすが私。

私はiPhoneを使っていて、そのアプリでは一定以上の数のタスクがたまると下にスクロールしなければ予定の確認ができなくなります。これは、ダメです。スクロールしないと見えない予定なんて無いも同然。そうでしょう? そこでノートの登場です。

絶対に忘れちゃいけない予定というのがあります。面接だったり友達との約束だったり。そういうのについては私は詳細に「やることリスト」を作り、ノートに書きます。例えばこの間面接に行ってきましたが、その時のやることリストには、会社名、電話番号、採用担当者名、面接開始時間、住所、最寄駅、家からそこまでの時間、家を出る時間、乗り換えの仕方、持って行くもの、が書いてあります。持って行くものなんて履歴書とペンくらいだろうと思われるかもしれませんがスマホ財布Suicaも書いてあります。そのつどカバンにこれ入れた、と確認して消さないと忘れます会場に辿り着けずに終わります。ここサボったら一巻の終わり。

ノートは横長のもので、真ん中で二つに分けて左側に予定日時が決まっているものを日にち別に、右側に特に時間が決まっていないものを箇条書きに書いてあります。時間は青で書いて、1ページ丸々やることが終わったら大きくOKと書いてそのページはお役御免です。OKと書く時の爽快感といったらそりゃもう最高。これを書きたいがためにタスク残ってるのに書いちゃうとかありますがそういう時は残った用事を次のページに書き写せばいいだけです。始めたのはつい最近ですがだいぶやり漏らしがなくなりました。すごい、すごい。

 

私、ちゃんと、いろいろ忘れずにできるようになってきてる!!!!!!!!

 

はと麦の自己肯定感上げにお付き合いいただいてありがとうございました。満足したのでさようならですまた明日。

【日記ではない】おもちゃを壊して遊ぶあなたへ

  もう無理だよ、という声が聞こえる。ような気がする。私は聞こえないふりをして目の前のゲームを淡々と進める。もう一度もう無理だよと聞こえる。ちょっと待って今いいところなんだ少し黙っててくれないかな。

 一口食べたら甘ったるくて嫌になってしまったけど、食べ物を残すのは良くないなと思ってジュースを飲むようにカップを直接口につけてプリンを飲み込んだ。ほらやっぱり甘過ぎる、と思いながら空いたカップをゴミ箱に投げた。もちろん入るわけがなかった。カップはまだ床に転がったままだし、少し残っていたプリンが床についてしまっていることに私は薄々気付いている。きっと明日朝起きてカップを踏んで痛がることになるんだろう。分かってるけど今は片付ける気分じゃないから一晩はそのままでいてもらう。明日の私、いやほんとごめんな。

 ね、やっぱ、無理なんじゃないかな、と思う。思うのは私だけど私じゃなくて結局私。何が無理なのと聞いてみても困ったように笑うだけだから私はこいつが大嫌いだ。こっちが必死に考えないようにしていることをこうやって平気で言ってくる。デリカシーがないのかな、まあ私だからしょうがないかもな。

 無理なんじゃないかな、という言葉で私の口がいっぱいになるので耐えきれずほう、と空気を吐く。別に言葉にして呟くわけじゃないけれど、口の中のぬるい空気が抜けるだけで安心できることもある。今までずっと暖房を入れたままだった部屋の空気を入れ替えるようなそんなかんじ。何が無理なんだろう、いや分かってるよ、なんだか苦しくてそれに耐えるのが無理なんだよね。で、どうしてあんたは苦しんでるの?

 やっぱり困ったように笑うだけでああこいつほんと使えねえなと思う。でも私はこの子が実は私にとってとても大切であることを知っている。だからいなくなれとは思わないしできるだけ話は聞いてあげたい。嘘、話はできれば聞きたくない。でもしょうがない、あなたおしゃべりなんだもんね。

 ゲームをやりすぎて目が霞むようになってきた。遊んでいる間だけ私は何も考えずに済む。今までにいろんなおもちゃでそれが壊れるまで遊び尽くしたけど、おやとうとう自分の体までおもちゃ扱いかと感心する。いやそうじゃない、なんだか気付いたらそうなっちゃってただけなの許して。いやいやそれは許せないよ、という声が聞こえるような気がする。

 私は大切なものを大切にすることはつまりそれを壊すことだと思っている。一つの傷もつかないよう丁寧に丁寧に使うのは、大切なものじゃなくてきれいなものだ。ボロボロになって、壊れて、使えなくなって、それで初めて大切にできたと安心する。でも本当はそうじゃないことも知っている。

 もう無理だよ。うんそうだね私もう無理だ。大切にすることは壊すことじゃないよ、自分のこと大切にするんでしょ。うんそうだね大切にする。どうすればいいかわかるよね。ううんそれはわかんないの。

 使えないとか言ってごめんね。とりあえずゲームはしばらく控える。

 

布団、私と仲良くしてくれてありがとう

見てればわかるかもしれませんが私は気分の上がり下がりが割とあって、これは別に病気とかじゃなくてただの性格。性格が変わればもっと穏やかな毎日になるかもだけど性格変えるって大変じゃないですか。楽しいこともありますよ元気な時はめちゃくちゃ楽しい。だからまあこれはこのままで別にいいやと思ってます、けどつらいときはやっぱつらい。

こちらは本日のスカイツリーです、上の方が隠れているのでこれはレアです。嘘です天気悪ければ大抵こうです。f:id:oyanokiko:20180117181717j:image

 

別につらいよと言いたくてこれを書き始めたわけじゃなくて、眠くてつらくてむかつくのでとりあえず何か書こうと思い書いています。こういう時は何か書けばとりあえず大丈夫、うん。まあまあ、寝れば元気になるでしょ。

 

今の自分が好きだとツイッターでは言いましたが今の自分が書く文章が気に入りませんなんか前と違うんです。つらい時は書くに限るけど書けば書いたでむかつくのでああもうこれどうしようもないわ、寝ます。 

 

晴れ色リップって何色なの

こんばんはこんばんは、はと麦です。今日はめちゃくちゃ美味しいお酒を飲めたのと、初めて皇居のあたりを散歩したのでウハウハのはと麦です。こんばんはこんばんは。お分かりの通り、酔ってるテンションでこれを書きます。わかんないかな、もしかしたらいつも通りかもしれませんね。

 

オシャレって、めんどくさくないですか。服とかさ、なんか着てりゃいいだろって、一度でも思ったことありません? 私はいつもそう思ってました。ただどうもあまりに変な服装は他人に不快感を与えるらしいということで、いいかんじの格好を何組か考えておいて、それをローテーションで着る、ということにしていました。

 

私がいつもやっていることでおなじみのデレステには「Kawaii make MY day」という曲があります。可愛くなりたいと思って、いろいろ努力して、そしたら可愛くなれるから自信持ってね、あなたは可愛いんだから、目線は上げて、最高の笑顔で! というような内容の曲です。

可愛いさを求め始めたらきっと止まらないと思ってました。だって、どうしたら「私、すっごくかわいい!」なんて思えるの? どこまで可愛くなったら満足できるの? まあこれは今日はどうでもいいです。

 

あ、ダメです。めちゃくちゃに眠いのでもうダメです。続きは明日書きます。

 

おはようございますあるいはこんにちは、はと麦です。寝て起きて続きを書きます。可愛さの話でしたね。昨晩書いたところは眠いし酔ってるしでどうかと思うんですけどそのままにしておきます。

先日用事があって、私は珍しく見た目を気にしました。着る服は決まっているけどけっこう地味なのでアクセサリーがほしい。今まで見た目に無頓着だったはと麦がそんなもの持ってるわけもなく、慣れないなんかおしゃれーなお店を何軒も回りました。ちなみにもうわけわかんなさすぎて最終的に例の服を着て「この服に合うやつください」と言って出されたものを買いました。アクセサリーショップってキラキラで楽しいけど目がチカチカしますね。ネックレス一つ選ぶだけで本屋の10倍は疲れました(なんじゃそら)。

それから髪型も気にして(前髪は無事いいかんじになりました)、使うの何ヶ月ぶりだよみたいな化粧品を棚から出して。今まで「もっと見た目に気を使え」「化粧しなよ」と言われ続けてもやりたくなくて何もしなかったのに、自分でやりたくてやってみるとあら不思議めちゃくちゃ楽しいじゃないですか。あれだけ嫌いだった鏡の前に立つのも心なしか嬉しくて「お、お、いい感じだぞ!」などと朝から思ってました。自画自賛です。

 

結論、自分でやりたくてやるオシャレはめちゃくちゃに楽しい。ということに気付いた。

 

今日は履歴書を買いに行くついでに服を見に行きます。まあ今日は面倒なのでたぶん適当な服で出かけますが、今まで「つまらない」「めんどくさい」と思っていたことが「思いの外楽しい」に変わったので少しほくほくのはと麦でした。おわり!

電車乗り過ごすと戻るのめんどくさいよね

こんにちは、こんばんは。ここのところなぜか毎日ブログ書いてるはと麦です。時間が余ってるんです。

 

電車に乗ったらチョコレートの広告が目に入ったのでチョコレートの話をします。チョコレートは甘ければ甘いほどいいと思います。あの、カカオなんぱーせんととかの苦いやつあるじゃないですか。あんなんチョコじゃない。いやチョコなんでしょうけど、チョコを食べたくてあれを食べるかという話です。甘さを求めてチョコを食べるんじゃないんですか違うんですか!

 

はい、これ書いてたら乗り過ごしました今日も元気に注意散漫。今日も、元気に、注意散漫! お分かりの通り今日のはと麦はウザくて元気なはと麦です。甘いものの話を続けます。

私は紅茶を飲む時、一口目はそのまま飲みますが、その後に必ず角砂糖を6個入れます。角砂糖が無ければよくあるシュガースティック(? 紙の袋に砂糖が入ってるやつです)を3本入れます。入れすぎだとは分かってるんですけどどうにも変えられません。そういう決まりなんです。滅多に紅茶飲まないのでいいんですけど。でも甘いものが好きというわけじゃなくて、まあ人並みには好きですけどあんまり甘すぎるものは苦手です。砂糖入れまくるよって話した後で何言ってるんだってかんじかもしれませんがほんとです。しょっぱいものの方が美味しいよね。

 

いつのまにか自分で決めたルール、というのが多くあります。電車は出来るだけ3両目に乗るとか、ケータイは右のポケットに入れるとか。そうしなくちゃいけない理由はぜんぜんないし、電車のルールにいたってはめちゃくちゃめんどくさいけど決まっちゃってるんだからどうしようもない。私こんな面白いルールあるよーというのがあったら是非聞かせてください。

 

また乗り過ごしたので今日はここまでにします。これから髪を切ります。はと麦の前髪がまともになることを祈ってくださいお願いします。

おまけ

なんだか急に元気が無くなってデレステも出来ず暇なので今日はもう一個書く。おまけ扱いの文章である。ですますをやめたのは読まれるのはずかしっ、と私が思いたくてのことなので特に意味はない。です。あー、やっぱですますつけようぜんぜんはかどらない。こんばんは、はと麦です。

 

楽譜の話をします。

小中と吹奏楽部に所属していたおかげで楽譜が読めます。ト音記号ヘ音記号どんとこい。小学生の頃はアルトホルン、中学に入ってホルン(F管。わかる人だけわかればいいです)を担当しました。演奏するのも楽しかったですがなによりも楽譜が好きでした。

中学の吹奏楽部はちょっとドロドロしている場所で、突然次期部長に指名されたり(先に相談しろよ)、なのに同級生にお前はダメだから部長やめろと言われたり、あんまりいい思い出はありません。でも演奏するのは楽しかったのでやめなかった。やめればよかったですね。今でもあの「部長やめろ、はと麦はダメだから」と5人から詰められたことを思い出すと胸がひゅっとなります。

楽譜の話ですね。楽譜を見ながら音楽を聴くと「全部楽譜通りに演奏されてるっ......!」という感動を毎回のように味わうことができます。強く、と書いてあれば強くなるし、弦を弾いた音を出して、と書いてあるとその通りの音がします。私はこの「楽譜通りの正しい演奏」にとてつもなく感動します。なんでかは知りません。とにかく感動するんです。

モーツァルトの交響協奏曲変ホ長調第3楽章が一番好きです。これです。23分45秒あたりから第3楽章が始まります。

https://youtu.be/pFPUYWfIbhg

 

この曲が好きで、そうだ楽譜も買ってみようと思ってわざわざ銀座のヤマハまで出かけて、初めて楽譜を見ながら聴いた時、こんなに楽しいことが今までにあったかなと思いました。あったとは思います。でもそれくらいよかった。

 

楽譜の話から音楽と記憶の話に移ります。同じくモーツァルトのジュノムというピアノの曲を聞いたことありますか。私はあれの第3楽章がとっても明るくて楽しくて大好きです。どんな曲でもだいたい第3楽章が基本好きなんですね、最近気づきました。このジュノムは森博嗣にはまってずっと読み続けていた時に聴いていたので、この曲を聴くと森博嗣を思い出すし、森博嗣の作品を読むとこの曲を思い出します。

思い出に結びついた曲は多くありますが、大抵は嫌な記憶と共にあります。ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」だけは今になっても聴けないし、同じ人が作った曲だからというだけで、のだめカンタービレで有名になった「ラプソディインブルー」も苦手です。楽しいんですけどね、楽しいし素敵な曲なんですけど、耳にすると当時のことを一気に思い出して寝込みます。実はジャズ全般が苦手です。オシャレでカッコよくて好きではありますが、中学の吹奏楽部ではよくジャズを演奏していたため、知らない曲でもジャズというだけで「ひっ」となります。

 

なんの話かというと、音楽は好きだけどあんまりいい思い出がないな、というお話でした。聴くだけで楽しい気分になれる曲、オススメがあったら教えてください。

本日のはと麦行動日記

こんにちはこんばんは、はと麦と申します。

 

今日はある場所に写真を撮りに行きました。で、撮れたのがこれです。f:id:oyanokiko:20180111151513j:image

 

君の名は。を見たことない方でもポスターくらいは見たことあるはず。はい、これは君の名は。に登場した階段でございます。東京都新宿区四谷にあります。

私は以前四ツ谷に4年ほど住んでいたので、君の名は。のポスターを見た瞬間に「おおおっ???」と思いました。それから君の名は。映画本編を見てさらに「んんんっ????????」と思いました。最後に主人公二人がお互いを探して新宿中を走り回って出会うのがそこか!? と。すごーくすごーく遠回りしてると思うんです。でもこのことについてはいろいろなとこで触れられてるのでもうおしまいです。

えーと、この階段には昼間でも人がぜんぜんいないし、夜ともなるとすごく暗くて人っ子一人いません(このことを知っているのは深夜に何度もこの階段までお散歩していたからです)。けれどなんと今日行ってみたらカップルがいる。しかもどうやら私と同じ目的らしい。カップルはお互いに写真を撮りあって「なんか違うねー」「どうやったら映画みたいになるかな」と言っているのです。そう、君の名は。ごっこです。

階段すぐ横にある須賀神社のベンチで二人の気が済んで帰るまで待っている間、私は「ぜんぜん羨ましくないぞ!」と思いました。カップルなんぞ羨ましくない。やっと自由になれた麦として、パンにでもケーキにでも消しゴムにでもなれるんだぞ、と思いました。嘘です。「二人で一緒に写りたいね」という会話を聞いたのに「あの、よかったら撮りましょうか」と声をかけられなかったのはちょっぴり後悔しています。撮ってあげればよかったかな。

 

これで階段の話は終わりです。次に本日最大のハプニングであるスカートびちょぬれ事件について話します。といっても大したことないんですけど。

授業の前にね、トイレ行きたいなーと思いました。そしたらまあ行きますよね。で、個室に入る。ここからです。事件はここから始まります。

ここのところ考え事に夢中で心ここに在らずの状態が多かった私ですが、トイレでもそんな感じでした。すいませんデレステのこと考えてました。ぼんやりしながら私はリュック背負ったままスカートもそのまま普通の椅子に腰掛けるように便座に座ったんですね。

今日履いていたのは膝くらいまでの長さがあるオレンジ色のお気に入りのスカートでした。短かったらまだ大丈夫だったんでしょうけどそれなりに長かったので、あっ、と思った時にはもうスカートが濡れてました。そりゃそうだ。

急いで立ち上がりましたがバランスを崩して再びスカートが水に浸かりました。というわけでびちょぬれスカートの完成です。どうでしょう、簡単でしょ?

実は同じようなことを今までに3回ほどやってます。何も脱がず普通に座るとかありえないと思うかもしれませんがはと麦の手にかかればあっという間です。というわけで事件発生後2時間経過した今でもなんか湿ってる気がします。帰ったらすぐ洗います。なんか、なんでかなあ、どうしてこうなっちゃうのかなあ、と落ち込みましたが元気です。

 

以上本日15:00までのはと麦の行動をお届けしました。大学で授業受けたり道に迷ったりもしましたが書くのがめんどくさいのでなかったことにさせていただきました。これで終わりです。明日もまたどうぞご覧ください。