非生産的座談会

会長、副会長、新顔こむぎ

何もしてない

 現実を見たくない、本当に見たくない。少し考えただけでもうわあーっとなるのが続いている。

 こんなんじゃなにもできないから、これじゃダメだ、何かしなくちゃと思う。思うだけで胸がうっとなる。夕ご飯の買い物で外へ出るだけでめちゃくちゃ足が重くなる。というか最近それすらしていない。朝起きて、彼氏に行ってらっしゃいして、眠くなって寝て、午後になって起きてぼーっとして、彼氏を迎えに行って(その時だけ頑張ってサクサク歩く)、ついでに買い物して、あるいは一緒に外食して、帰ってきたらさっさと寝て、夜中に何度か起きる。毎日それだけ。それだけのくせに「つらいなー」と思う。ちょっとは頑張ってから辛いと言えよバカヤロウ。

 病院に行くのもめんどくさい。何を言っても「いい調子ですね」と言われる。全然いい調子じゃない。お金が欲しい、バイトがしたい。でも絶対2、3日でやめる自信がある。やっぱり何もしたくない。人生が長い。私を知っている人がいる限り自殺はしないことにしている。でもあと長くて70年。長い。長すぎる。

 楽しいなと思う時間がとにかく減った。ふっと吹いたらなくなっちゃう程度しか楽しいなと思わない。その瞬間、その瞬間だけしか楽しくない。何かを読んだ瞬間、何かを聞いた瞬間、何かを見た瞬間。楽しかったと振り返って楽しめることがなくなった。前は楽しかったことを何度も反芻して楽しんでいた。今は思い出しても苦しいばかりだ。

そういえば今日はいつも聞いてる音楽がうるさくて仕方がなかったので、楽しみがまた減ってしまった。

 

今日はあんまりだったけど、明日はいい日になるといい。