非生産的座談会

会長、副会長、新顔こむぎ

大人にならなければ

 私はいま22歳で夏になったら23歳になる。

 もっと大人になることが必要だと思うしまた周囲もそうすべきと考えているように感じる。たとえば感情が最優先であるところとか、ほとんどやりたいことしかやっていないところとかああもうほんと子供だなあと思う。私は子供の時から子供で、当時はそれでよかったけれど今はもうそれじゃダメだ、だってもう22だから。

 ほかに22歳の子供っぽい人を見ても別にどうとも思わない、ああそういう人なんだなってそれだけ。どんな人を見ても私は「あの人はああいう人なんだな」で終わりなんだけどそれやめたほうがいいよって言われた。よくわかんないけどどうやら人をそのつど評価すべき? ということらしい。あの人はいい人だとかあの人は嫌な人だとか仕事ができる人だとかダメな人だとかそういうやつ。めんど! いちいち評価するのめんど! でもしたほうがいいらしい。それが大人の第一歩?

 

 彼氏はどうやら私のことを相当心配してるらしくて、私が周りから変な目で見られることが少しでも減るよう色々考えて色々やってくれているらしいんだけどあまり成果は得られていないようだ。私も自分が変わったなあと思うことがあまりない、なんてクソなんだと思うことならいっぱいあるけど。

 

 とにかく大人である。大人にならなくちゃいけないんだ。嫌なことを言われてもソツない対応ができる、それが大人。つらいことがあっても我慢して何かを続けられる、それが大人。大人大人。大人にならなくちゃ。

 

大人ねえ。

まあいつかね。